レイキのイノベーション♪

サイトマップ
レイキのAuraReikiAcademy

レイキメインメニュー

セミナーメニュー

お問い合わせメニュー

会社概要メニュー

レイキのイノベーション♪

レイキが誕生し、
90年以上経ちました!



その間、



宗教や法律、習慣の違う
世界120ヶ国以上に、



レイキは伝えられ、



国・宗教・時代に合わせ、
形を変えながら



進化・発展して来ました(^-^)/
 
 
 

 


手当てによる、癒しの力と、
神秘的な儀式は、
 

 

国境を越え、浅く広く
 
 
 
 
 ヒーリングや、スピリチュアル
に興味のある人に


 
伝えられ受け入れ
られてきました(^-^)

 

 

 
21世紀のレイキは、
 
 
 
 
もっと現実的に、
 
 
 
 
 
たくさんの方に
使ってもらえるように、
 
 
 
 
 
 
色々なレベルで、
 
 
 
 
 
【イノベーション】していく
必要があります(*^。^*)
 
 
 
 
 
電気業界では、LEDが誕生し、
車は、エコカーが誕生し、
 
 
 
 
テレビは、薄型ハイビジョン
パソコンは、タッチパネルと
 
 
 
 
 
どの業界でも、
技術革新により
 
 
 
 
 
安全で、自然に優しく、
便利なものが
 
 
 
 
 
次々と誕生して
きています(*^。^*)

 
 
 
 

レイキは、正統・伝統
という言葉が付きまとい、
 
 
 
 
 
正しい・間違いという
提供する側の
 
 
 
 
 
 
○○でなければならない
という【こだわり】が強く、
 
 
 
 
 
 
『手当て療法』という枠を
何十年と抜け出せて
 
 
 
 いませんでした(^_^;)
 
 
 
 
 
これからは、
 
 
 
 
 
イイ?悪い?
正しい・間違い?という
 
 
 
 
 
一つの答えに拘らずに、
 
 
 
 
 
多様化・グローバル化の
時代です(*^。^*)
 
 
 
 
 
 
 
 
21世紀の流れに合わせて、
 
 
 
私たちは、
 
 
 
 
 レイキを進化ではなく、
もっと、深化させ
 
 
 
 
 
 
別の次元まで、
 
 
 
 
『昇華』させていきたい↑
と思っています(*^。^*)
 
 
 
 
 
 
 
政治に、【民意】が
大事だと言われるように、
 
 
 
 
レイキも、伝える側の
こだわりよりも、
 
 
 
 
枠を超えて、
 
 
 
 
 
今の時代に、使う人の
求めるものを提供していく
 
 
 
 
創意工夫が求められて
いるように思います(*^。^*)
 
 
 
 
 
 
これから、レイキを受けたい♪
使いたい♪と思う人は、
 
 
 
 
 
 
手当てに限定された
ヒーリングや、
 
 
 
 
 
 
神秘的な、儀式ではなく、
 
 
 
 
 
より、リアルに体感でき、
 
 
 
 
安心して、日常の色々な
場面で活用できる
 
 
 
レイキを求めていると、
思います(*^。^*)
 
 
 
 

 
更に、たくさんの方に
日本発祥のレイキという



素晴らしい技術を
健全に伝えられるように、
 
 
 
 
 
オーラレイキでは今後も、
 
 
 
 
 
病気の人を対象とした
治療や癒し、
 
 
 
 
 
 
手当てに特化した
 
 
 
 
レイキの活用法ではなく
 
 
 
 
 
おしゃれに、楽しく、有効に、
盲信することなく、



効果を実感しながら、
 
 
 
 
普段の生活に
取り入れられる、


 

魅力・能力・活力・運気
UPして頂けるような
 
 
 
 

新しいレイキの活用法を
お伝えしていますヽ(^o^)丿
 
 
 
 
オーラとレイキを両方の
活用法をお伝えすることで、
 
 
 
 
活用の幅が広がり、
誰でも実感することが
 
 
 
 
できます(*^。^*)
 
 

 
 
もちろん、
 
 
 
レイキとして、お伝えする
以上、
 
 
 
 
心身練磨向上し、
自他ともに幸福を増進する
 
 
 
 
というレイキの目的は
変えることなく、
 
 
 
 
また、
 
 
 
 
目に見えない
 
 
 
 
『レイキ』とは何か?
 
 
 
儀式を受けると、
本当に『回路』が開いて、
 
 
 
『レイキ』を使えるのか?
 
 
 
 
という部分も、
 
 
 
 
しっかり実感して
頂きながら、
 
 
 
 
 
お伝えしていきたい
と思います♪
 
 
 
 
レイキの常識を超えた、
 
 
 
 
 
使えるレイキを実感しながら
学びたい人に
 
 
 
 

オーラレイキは
おススメです♪
 
 
 

 
それでは、いつか皆さんと
お会いできること
 
 
 
 
 
お待ち申し上げております(^^)/ 
日時:2012年11月 3日 08:50

コメントする