レイキメインメニュー

セミナーメニュー

お問い合わせメニュー

会社概要メニュー

レイキのシンボル

レイキの特徴の一つに、

 


シンボルというエネルギーの
活用方法が伝えられています。

 

 

シンボルというのは、
文字や記号のもつ

 

エネルギーの事です。

 

 

 

 

現在のレイキには、

 

 

4つのシンボルが
伝えられていますが、

 

 

☆第一と第二シンボルは記号で、
☆第三と第四シンボルは漢字を

 

シンボルとして伝えられています。

 

レイキは、戦後国内では衰退し、
海外を中心に普及された為に、

 

 

漢字の書き順や、意味が分からず、
新しく作り変えられたものも

 

沢山伝えられています(^_^;)

 

 

 

【レイキ シンボル】で検索
して頂くと、

 

 

 

色々な形のシンボルが
出てきます。

 

 

 

また、第四シンボルに関しては、

 

 


国内のレイキでは
伝えられていないため、

 

 

 

海外の誰かが付け加えた
新しいシンボルだと
言われています。

 

 

 

ただし、第4シンボルは
漢字であることから、

 

 

 

漢字圏ではない、西洋人が
付け加えたとは考えにくく、

 

 

 

林先生か?高田先生のどちらか?
が加えた可能性が高いと思います。

 

 

 

エネルギー的に調べても、
臼井先生にはない、

 

 

第4シンボルの反応が、

 

 

林先生や高田先生には
出ているからです。

 

 

 

オーラレイキのレベル3では、
このシンボルのと関係する

 

 

※全身7箇所の回路を開き、

 

 

エネルギーの動きや変化を
皆さんと一緒に検証し、

 


 

チェックしています(*^。^*

 

 

※オーラレイキでは、レベル3までに
 9つの回路を開きますが、

 

 一つの回路に対し、数か所
 開く必要があります。 

 

 

 

※今までの霊授やアチューンメント
  という決まった手順を儀式的に
  行うものではなく、

  

   


   独自に開発した方法で、
   確実に一つ一つ回路を開きます。

 

 

 

※前後で皆さん自身でチェックして
 頂きますので、今までのように
 回路が開いた!!

 と信じる必要はありません。 

 

 

 

第一シンボルは回転や
螺旋のエネルギーですが、

 

 

 

西洋から、逆輸入されてきた
レイキでは、左周りの螺旋が多く、

 

 

 

シンボルの意味や使い方も、
様々なものが

 

 

 

海外で後付されていますが、

 

 

 

国内のレイキとして知られる
直伝霊気では、

 

 

 

通常右回りを治療に使い

 


 

左回りは、霊授の際に
使うそうです。

 

 

第二・第三シンボルに関しても、
同じように変形したものが

 

 

伝統的なものとして、
信じられています(^_^;)

 

 

オーラレイキでは、 
第一・第二・第三シンボルの

 

本来のシンボルのエネルギーとは
一体どんなエネルギーか?

 

 

実験しながら、エネルギーの
動きや変化を感じて頂き、

 

 

その動きに合わせた効果的な
活用法をお伝えします(p_-)

 

 

 

シンボルは、このように
時代とともに変化して

 

伝えられているため、

 

 

習ったものが正しいと
信じてしまうと、

 

 

本来の力ではなく、

 

 


思い込みの力だけを使う
事になります。

 

 


本来の意味ではない使い方は、
使えないということではないですが、

 

 

文字や記号には、本来の働きに
あった固有の力があるので、

 

 

違う意味をつけても、共鳴率が
下がり、効果も落ちます↓

 

 

 

エネルギーを感じられると、

 

 

それぞれの文字や記号の持つ

 

 


本来のエネルギーの動きに
合わせて活用できるので、

 

 

よりシンプルに効果的に
活用できるようになるということです。

 

 

 

また、レイキで伝えられている
文字や記号が特別なものや

 

神秘的なものではなく、

 

 

普段、何となく見たり書いたり
している文字や記号にも、

 

同じようにエネルギーがあり、
私たちの人生に影響している

 

 

ということを実感して頂く
ことができます(*^。^*)

 

 

レイキスクール オーラレイキ.jpg

スケジュールボタン.jpgお申し込みボタン.jpg

日時:2012年12月14日 07:21

コメントする