レイキメインメニュー

セミナーメニュー

お問い合わせメニュー

会社概要メニュー

レイキでできること

レイキの研究でわかったことをお伝えします。

一言でレイキといっても、使う人や目的によって
効果は様々です。

私たちは、見えないエネルギーを誰でも手で触れて
その存在を確認できる画期的な方法を発見できました。

10代~70代まで900人以上の皆様が自分でオーラに触れて
レイキのエネルギーが本当に存在し、

体に溜まっていたエネルギーを取り除くことで、
挙げられなかった腕が挙げられたり、顔がリフトアップしたり
見えないエネルギーが現実に影響し改善できることも
その場で実感していただけるようになりました。



【補完医療としてのレイキ】

先日は、末期ガンで70代の旦那さんが余命宣告され
レイキの教科書と出会いガンが治ったという方が
報告にきていただきましたが、


西洋医学では解明できていない見えない力が
私たちには備えられているようです。


もちろん、西洋医学を否定しているわけではありません。
また、人には寿命があるので全ての病気が治るわけでは
ありませんが、見えないエネルギーを変化させることで、
不調が改善することは事実であり否定できません。

たるみや、軽い不調はその場で変化を実感できます。


【緩和ケアとしてのレイキ】

治らない病気・人には寿命があるという話をしましたが
治すことが全てではないのかもしれません。

ブラックジャックによろしくという漫画で抗がん剤は
通常、延命やガンを小さくするために使われるが、

抗がん剤を使う目的はひとつじゃない。

副作用さえうまくコントロールできれば、
ガンに伴う痛みやだるさを取る力がある。

でも、多くの医者は延命のために副作用も厭わない!


ガンの痛みには、体の痛みと心の痛みがあります。
完治が望めない患者さんの心と体の痛みをとるための
緩和ケア。最後まで一人にせずに寄り添う医療。

治らなくても、患者さんとその家族に大きな力を
与えることができる。もしも、きちんとした終末期の
ケアを受けられるとした、その死は決して不幸なものでは
ありません。

手は繋ぐためにあるんじゃないかな・・・・・?
 (参照:ブラックジャックによろしく第8巻)

僕も祖母が入院している間、足に手当したり
ヒーリングしたりしていました。



【自分の可能性に気づくためのレイキ】

オーラレイキでは、みなさんには気づいていないだけで
まだまだ沢山使っていない才能があり、無限の可能性に
気づいていただいています。

治療やケアだけがレイキではありません。


超能力のように思われていたオーラを感じるという
能力も誰にでもあることが二日間で実感できます。


今、テレビやネットで様々な情報が流されていますが
その中で、自分に必要か?どうか?判断できない人も
多いと思いますが、


オーラを感じられるようになると、
体が自分に必要なものを教えてくれたり、

逆に自分に悪影響を与えるものも教えてくれます。

自分で体感しないと、イメージできないと思いますが、
オーラが膨らんだり、縮んだり、消えたり反応しながら
答えてくれます。


思ったよりもはっきりと感じられた!!という人も多いです。

また、自分が本当にやりたかったことが見つかったという人や
他にも、まだ自分にできるのにやっていないことが
いっぱいあることに気づいたひともいます。


【オーラレイキだからできること】

その場で実感し仮説を検証できるのは
オーラレイキの特徴です。

レイキという目に見えないエネルギーを本当に
自分が使えるようになったのか?

レイキを使える人と、使えない人の明確な違いは?



遠隔で本当にヒーリングや浄化ができたか?
その場で確かめるにはどうすればいいの?

という疑問を解消できます。



レイキに限らず、スピリチュアルと呼ばれる
見えない世界を現実に活かすには、

信仰するか?自分で実感するか?どちらかだと思います。


信仰や思い込みではなく、自分で感じて確信できる
レイキがオーラレイキです。



日時:2015年4月 7日 23:43

コメントする